陰陽道とは


陰陽道とは

陰陽道の「陰陽」は「占い」(主に六壬式占)を指し、「道」は律令体制下では部署、係という意味で、『国家的な占い機関』という意味となります。古代中国の陰陽五行からきており、穢(けが)れを祓ったり、人外の物の怪などを従わせる技術です。
また自然の変異や人の吉凶を診る占星術や風水術等の占いも専門としています。よく宗教と混同される事がありますが、陰陽道には教えも哲学もなく、純粋な技術の体系なのです。
陰陽道は平安時代の中頃から時の権力者と共に政(まつりごと)に深く関わってきました。
ところが明治3年に発布された「陰陽道禁止令」により陰陽道は社会的に抹殺されてしまったのです。しかし力を受け継いだ一部の隠れ陰陽師は、その技術を研磨し、祓いや祈祷の他に呪的・霊的ボディガードのような活動を、現代に至るまで密かに続けているのです。



ご案内